スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016年振り返り

twitterで書こうと思ったけど、色々と長くなりそうなのでたまにはこちらでまとめて。
2016年もあと数時間なのでまとめでも。
なんかよくわからないけど、今年はまったく年末感を感じない(;´・ω・)
自分メモも含めてるのでむちゃくちゃ長いです、はい。

まずは御礼。
今年も一年ありがとうございました。
こうして年末になっても無事に生存してるのも皆様のおかげです!
例年通り、浦和の試合についてはチケットや座席などなど本当に今年も一年間ありがとうございました。
おかげさまで数多くの試合観戦できましたし、スタジアム等々で多くの笑いや感動を味わうことができました!
なんとかひとつタイトルとることができたし、また来年もその瞬間を味わうためにサポートしていきたいと思いますので、
引き続きよろしくおねがいします!

特に浦和の試合は今年は46試合の観戦することができました。
開幕戦は私用で日立台いけませんでしたが、それ以外の国内の試合はすべて現地観戦できました!
また、海外も広州アウェーは行くことができました。
特にルヴァンカップは初戦の平日ノエビアから決勝まで、
すべての試合を現地で観戦してタイトルを取ることができたので、
非常にいいカップ戦になりました(*´▽`*)

2007年から本格的にスタジアムに足を運ぶようになったので、
実は国内のタイトルを生で見るのは初めて(笑)
遠藤がボールを放ってからは涙が止まりませんでした(笑)

ACLでもアウェー広州では楽しい経験をさせてもらいました。
初めての中国、しかも当日入りのタイトなスケジュールで少々ビビってましたが、
同行させてもらった方の楽天的なとこもあり、楽しく過ごすことができました!

今までもアウェーに行くとだいたい観光も楽しんでいましたが、
今年は趣向を変えてブログで旅行記をアップするようにしてみたら、
思っていたよりも好評だったので来年も可能な限り続けようと思います!
何より、後から振り返った時に自分で当時のことを振り返ることができるのはいいなと思いました。

ブログのエントリーはこちら↓
広州の旅行記
長崎の旅行記

そんな感じで最後の最後で今年も悪い意味で浦和らしい結果になってしまいましたが、
タイトルとれたし、今年も積み重ねを感じるシーズンだったので全体的には楽しかったなと(*´▽`*)
来年こそはACL含めた各大会で今年以上の結果が出るといいなと思います!
そのために僕らはスタジアムでおごることなく、選手が苦しい時にその一歩が出る励みになるよう、
スタジアムに行ったときは声や手拍子でいい雰囲気を作りたいなと。
サポーターにできることは選手にいろいろ言うより、
やはりシンプルにスタジアムでいい雰囲気を作ることだと思うので。

さて、ここからはそれ以外のこと。(自分の振り返り的なこと含め。。。)
今年の年初の目標達成度は20%程度。
やはり目標を立てたならきちんとやり切らないといけないなと思った。。。

・資格の勉強(詳細は職業とかばれるので割愛)
・TOEICのスコアアップ
・資産運用とその勉強
・仕事的な目標(内容は割愛)
・プライベート的な目標(これも内容は割愛)
・継続的な何か
こんな感じで年初に目標を立てたけど、
結果的にいまこの瞬間に達成できたなと思うのはなし。。。
日記やblogは後から残る大切さを改めて実感しました。
「継続は力なり」は身に染みて、あとから振り返ることができるようにしなきゃ。。。
と、かきつつこれは毎年言っててなかなかダメなのでこれは僕の性格的な部分かも(笑)

それから勉強類。
ポケモンGOやってて思ったけど、時間は自分で作ろうとすれば、
いくら仕事で忙しくても時間は分けるわけでこれはきっちりやらなきゃいけないね。
来年は特に資格とTOEICは仕事的にもできてないといかんわ(;´・ω・)

資産運用に関しては今年いい経験させてもらったので、
来年はもっともっと勉強して早めに自分のスタイルと幅広いものができればと。
とりあえず今年の年初にやりはじめてわけわからずいきなり大損したけど、
結果的にはトントンになったのでよかった(;´Д`)
JR九州様に助けられました(笑)

それとお金で重要なのはいくら黒字でもクレジットの決済が被ると大変ってこと(汗)
今年2度も給料以上の引き落としがあって死にそうになった。。。
リボも検討したけど、助けてくださった方に頭があがらないです。
(SNSとかはつながっていないので、このblog見てないと思いますが、)
本当にありがとうございましたm(__)m
浦和の遠征とかでお金使うときは一気に予約しちゃだめだ(;゚Д゚)

なんにしても今年は仕事も勉強や運用などのプライベートでも、
やらない失敗よりやってみて失敗したほうがいいということ。
ミスるのが怖すぎて一歩を踏み出せず、結果的に大やけど追って失敗すること多数。
特に仕事関連。
これはつらかった(;´・ω・)
それと、継続的に努力できる人って素晴らしいなと。
これも仕事的には後輩にあっさり昇格争いで負けたわけで、
そういう意味では来年は勉強する時間をより作らなきゃいけないと感じた一年だった。
積み重ねができる人たちって素晴らしいわ。尊敬。

仕事的には今年手持ちの仕事で忙しくなることは予想できたけど、
予想以上に忙しくて自分の甘さと能力のなさが露呈に。
それでも週末になるとスタジアムやSNSで楽しませてもらったり、
ありがたいお言葉を頂戴することがあり救われました。
ほんとうにありがとうございました。
一時つらいなと思いながらスタジアム行ってたので、
それは助かりました(笑)

総じて自己管理が大切だなと思える一年だった。
時間の管理、予定の管理、お金の管理。。。
今年何とかなった部分もあるけどそれは周りの方々に支えられたから。
来年こそはきちんと自律と自立ができる人間になりたいなと。(超今更だけど...笑)

最後に今年は披露宴や結婚式の2次会で、
3回も受付をやらせていただく機会をいただいて幸せでした。
ああいうのずるいよねなんか。
だって受付に来る方々の表情見てるだけでも十分幸せな気分になれるんだもん(笑)
そんで年末クリスマスに職場の後輩の2人が婚約とか。
自分のいる職場は毎年2~3人結婚なされてて幸せだなと。

そんなわけで今年のまとめは終わり。
来年も仕事に浦和にプライベートに、と一年間笑っていられる日々が今年以上に多くなりますように!!
来年も夏くらいまでは仕事が目いっぱいに忙しくなりそうなのでまずはそれかな。
来年のACLアウェーは明日の天皇杯次第。
香港かオースト行きたいな。。。

ということで今年もありがとうございました!!
なんも締まってないし、いいこと書いてないのに、
最後まで読んでいただきありがとうございます!

2017年もう宜しくお願いします(*´▽`*)


自分のモチベーターになるので、クリックをお願いいたします。
浦和レッズにほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ 人気ブログランキング人気ブログランキングへ
ブログを作るならこちらブログ
スポンサーサイト

【観戦記】10人で逆転! 明治安田生命J1リーグ 2ndステージ第1節 vs福岡@レベルファイブスタジアム 2016.07.02

福岡vs浦和

蒸し暑い中、10人になってからの逆転勝利!
内容は改善点があるものの後半戦を勝利で飾る!!


明治安田生命J1リーグ 2ndステージ 第1節
2016年7月2日(土)19:05キックオフ・レベルファイブスタジアム
アビスパ福岡 1-2(前半1-1) 浦和レッズ
得点者:23分 ウェリントン(福岡)、43分 那須大亮、64分 興梠慎三
入場者数:18,509人

まず、暑い。
開門前後にさっと通り雨。これが最悪。
ちょっとの雨だもんだからとにかく高湿度。
ほんとに天然のサウナ。
じとーっとした劣悪な気候でした。
前半が終わった時には着ていたレプリカが汗でびっしょりになっていました。

前半、福岡がある程度は出てきたので、ボールはまわせる展開に。
サイドチェンジも数回あったものの、福岡陣内深くまでは進行できず。
武藤のおしいループがあったけど、
サイドからの攻撃は相変わらず実らないし、いつもの浦和な展開。

そんな中でロングボール1発のカウンターで抜け出されてあっさりとPK献上。
そもそものあれ簡単に前に蹴られるような甘さがあっちゃまずいし、
DFとしてははっきりマークできてなかったのかなと。
その後も数回、福岡の金森には突破されている場面があったので、この試合の前半の守備はいいとは言えない。

で、カバーに入った槙野はあっさりとPK献上。
現地で見てる時はなんでファールなんだよ!?くらいの勢いだったけど映像見ると明らか。
相変わらず槙野は手癖が悪い。
真っ先に手が出ちゃうんだよね。

個人的な話だけど、自分がプレーしてた時含めて手癖が悪いやつは大っ嫌い(笑)
フットサルとかでもつかんでくる奴いるけど、知らん奴なら真っ先にぶちぎれる(笑)

あのシーンは前に体入れられてしまったから対応が難しいシーンだけど、
グレーにからだぶつけるとか、コースに足出すとかの対応が正しかったのかなと。
特に審判は後ろから見てるわけで、手が出ているなら真っ先にファールは取られてしまう。

ただラッキーだったのは、数的有利に立ってしかも先制点までゲットした福岡の戦術が消極的だったこと。
結果論かもしれないけど、福岡は先制後、後ろにドン引きするのではなく、
積極的にラインキープして守備に出てきたほうが良かった。
浦和としてはただでさえひとり少なくなってるのに、走らされる回数が増えれば体力的ダメージも増えたし、
なにより一人少ないことで浦和らしいボール回しはさらに苦戦することになったのに。

結果的に逆転負けを喫した福岡。
審判にレベルのせいでやや隠れてしまってるけど、戦術や選手のパフォーマンスが良くなかったのは確か。
いくら浦和とはいえ、10人のチームにホームで逆転負けするってのは相当悪い状態なのかと。

そうこうしているうちに、プレーとは関係ないところで関根が掴まれてもらったファールから、那須のヘッドで同点。
時間帯的にもありがたい得点だった。
那須が入ったことで飛躍的にセットプレーが良くなった。
もちろん柏木のボールの質もよかったけど。
こういう試合はセットプレーで活路を見いだせたのは大きい。
福岡からするとせっかく虎の子の一点をあっさり追いつかれた形になり、チームの勢いがでた形かな。

後半も同じような展開に。
ただ、浦和はひとり少ない中でほんとうに興梠から守備がんばってたし、
チームとして戦ってた。
武藤も忠成もかなり追ってくれたし、前線の選手があれだけおってくれたら後ろの選手もやるしかないよね。
そんなわけで興梠のゴラッソ。

柏木のリスタートにうまくタイミング合わせて、
反転してのゴール。
興梠らしい、ボディバランスと、いいシュートでした。
興梠はやはりああいう少し難しいくらいのほうが得点につながりますね。

そんで最後の最後はよくわかんなかったけど勝利。
水輝が退場してました。

この試合、なかなか審判がクローズアップされる回数が多かった。
池内主審はもう少し選手とコミュニケーションしたほうがいい。
それと細かいところで注意するのは悪いことじゃないけど、
選手の感情を逆なでするような感じになってるのかと。
もう少し試合をコントロールしない限り、今後もJ1とかの試合では厳しいかも。

そんなわけで10人になってからの逆転勝利☆
後半戦もアウェーで白星スタート!!

それにしても福岡のホスピタリティ。
試合前の選手紹介は一切聞こえなかったけど、
興梠の五輪選出はビジョン表示されるし、試合後もMVPかなんかで興梠がなんかゲットしてた(笑)
勝ち点だけでなくお土産までくれるとは福岡は優しい。

○試合関連写真
試合前はやや風が。
福岡vs浦和 フラッグ

長い時間ビジョン表示されていました。
浦和サポへの歓迎。
だいたいこれが出ても大きなブーイングが出るスタジアム多いけど、レベルファイブはそんなにブーイング聞こえませんでした(笑)
ようこそ福岡へ

浦和のスタメン紹介
スタジアムの音声が小さすぎて全く何も聞こえず。。。
山形のくらいとは言わんけど、せめてゴール裏にスピーカー設置してくれ!
浦和のスタメン紹介

さわるな危険と西川
さわるな危険

ウォーミングアップ開始!
ウォーミングアップ開始

地元福岡での彩ちゃん(*´▽`*)
彩ちゃん1

彩ちゃん2

彩ちゃん3

レベルファイブってこれの会社だったんですね!
ウォッチ!
ネーミングライツでもこれなら割といい感じで宣伝できているのかと!
ゲート1

ゲート2

ゲート3

ゲート4

ゲート5

男子トイレ

福岡の幕

総選挙されていました(笑)
選挙公示

邦本

堤

濱田

レベルファイブはスタジアム内でペットボトルを販売していました。
自動販売機

福岡サポーターは100出場選手祝いと亀川の五輪メンバー選出を祝う幕を掲出。
まあほとんどの時間で上を向いているもんだから、撮影しにくかった。。。
そんで福岡って毎回黄色い幕だよね。幸せの黄色い横断幕。
福岡サポーター

福岡サポーター

福岡サポーター

福岡の亀川とともに、五輪メンバーに選出された興梠にも選出の表示と花束贈呈が行われました。
ありがとうございます~(*´▽`*)
興梠の五輪選出祝い

花束贈呈

試合前の円陣
円陣

PK献上後。
PK献上後

最終スコア!
スコア

選手挨拶
選手挨拶

武藤

福岡の夜に♪
福岡の空に。

煌めくレベルファイブスタジアム
煌めくレベルファイブ



自分のモチベーターになるので、クリックをお願いいたします。
浦和レッズにほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ 人気ブログランキング人気ブログランキングへ
ブログを作るならこちらブログ

【観戦記】サッカーの神様は甘くない。 明治安田生命J1 1st第12節 vs新潟@埼スタ 2016.5.14

浦和vs新潟
サッカーの神様は甘くない。
PKを外して、あれだけきっちり守る相手にチャンスを逃せば簡単に勝つことなんてできない。

明治安田生命J1リーグ 1stステージ 第12節
2016年5月14日(土) 14:04キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 0-0(前半0-0) アルビレックス新潟
入場者数:33,763人

新潟は攻守にわたりアウェーの地、しかも相性の悪い埼スタでも勇敢だった。
前半立ち上がり10分程こそ新潟のやり方に少し苦しんでいたけど、
その後はいつもの浦和のような攻撃に。
ただしこの試合は大きなサイドチェンジや、新潟の攻守の切り替えの早さに苦戦。
特に今シーズン浦和が得意としていた球際の強さは90分通して新潟に軍配。
これではなかなか結果を残すのは厳しい。
新潟のFW山崎に苦戦していたし、最終的にはなんとか0で抑えることができてよかった。。。という試合になってしまった。
それでも”いつもの浦和”ではあっさりと失点してしまうケースもあっただけに、0で終われて負けなかったことは良かった。
今シーズンこれだけ熟成したと思っていたけれど、まだまだやることはある。
いい意味でこの新潟戦を通じて得られたものは大きいのではないかと。

興梠のPK失敗。
たしかに迷いが生じて決められなかったのは大きい。
でもそのせいで負けたわけではないし、そもそもこの試合は決定機が少なすぎた。
新潟は最後の部分で中をきっちり締めてスペースがなかった。
その中でもカウンターはしっかり狙っていたし、防戦一方の展開も避けようとしていた。
その意味では甲府の進化版だと思う(笑)

ああいう守備をするチームに対して最後まで崩し切るのは難しい。
ミドルシュートとか、サイドに振ってから速いクロスとか、セットプレーのチャンスを生かさないと。
特に浦和は今シーズンCKの機会は多いんだけどなかなか得点につながらないので修正要。
これからのACLを勝ち進んできわどい試合になればなるほど、こういうセットプレーの機会をものにするかどうかでその後の展開が変わる可能性は大いにあるので。
CK10本もあったんだけどね。。。

珍しく浦和は攻撃にアクセントをつけようと交代で変化を意図した交代。
梅崎は途中出場ながらなんと3つのポジション(2列目、左右のSH)をこなした。
交代①:武藤→梅崎 これで梅崎は2列目に
交代②:宇賀神→ズラタン これでズラタンが1トップ、興梠が2列目になって、梅崎は左のSHに。
交代③:関根→駒井 これで駒井が右SH、梅崎は左SHに。

ズラタンが入ってから、前線3人がうまくポイントにはなったけど、最後まで新潟の堅い守備陣をこじ開けることはできず。
相性のいいホームでの新潟戦だったし、6月になると上位との対戦が続くのでしっかり勝ち点3がほしかったところではあるが仕方ない。
この経験を生かしてまずはしっかりと水曜のACLソウル戦に臨みたい!

今後こういう守り方と戦術を用いてくるチームはやはり増加の一途をたどると思うので、
もっともっと浦和も成長しないと、勝ち点は伸ばせなくなっていくかな。
特に6月は上位との対戦も続くし、7月からは2ndステージとして各チームとの2回目の対戦も始まる。
やはり2回目の対戦では、間違いなく1回目の対戦のうまくいっていた部分は消されるし、相手が至らなかった部分も修正される。
その意味で、もっともっとやり方のバリエーションを増やしたり、チームに変化がないと上積みは難しい。

それにしてもレオシルバすごすぎ。
後半カウンターで関根がフリーで縦にドリブルを仕掛けたシーン。
なぜかレオシルバがカバーに来て、しかも味方の新潟のSB?には俺が行くからと手でジェスチャーをしていました!
どんだけカバー範囲広いんだよ!!!

最後に。。。
三菱自動車との関係が今後どうなるかはわからないけど、
今までの三菱自動車の浦和レッズへの貢献には本当に感謝したい。
損失補填契約も切れているし、大株主様&大スポンサー様という立場かもしれないけど、
だからこそACLでたくさん勝ち抜いてその胸に輝くスリーダイヤを世界にアピールしたいな(*´▽`*)

もしその保有する株が動くのならできればきちんとした三菱系の会社がいいな。。。(;´・ω・)
変な外国企業とか、国内でもべ^よくわからん企業には。。。(;´・ω・)
まあ贅沢言ってられない状況なのは間違いないでしょうけど。


◎関連写真
やはり例の一件があったせいか浦和美園駅前にはメディアが。
浦和サポにインタビューしようとしているのですかね。
浦和美園駅前

新潟のGKコーチ?
ウォーミングアップ中に気になりました(笑)
帽子をわざわざ後ろ向きに被っています。
ズラタンや槙野みたいなかぶり方(笑)
新潟のGKコーチ

浦和の円陣
浦和の円陣

この試合、埼スタのVIP席にはデヴィ夫人の姿がありました~(*´▽`*)
買収するのですかね?笑
デヴィ夫人

興梠のPKシーン。
迷ったらしく真ん中に蹴ったのですが、防がれてしまいました。
興梠のPK

興梠のPK

興梠のPK

興梠のPK

試合後、両監督
両監督

熱くなってきたので、TVカメラにすだれが。
すっかり夏仕様になっていました~!
カメラ

試合後、広島から新潟にレンタル移籍中の野津田のもとには各選手が。
関根はU-23で、石原・西川・森脇は広島で一緒だったからでしょうか(*´▽`*)
試合後の選手たちを見ていると、交友関係とかがちょびっとだけわかるので楽しいです(笑)

関根と野津田

石原と野津田

西川と野津田

森脇と野津田

PK失敗の興梠さん。
やはり表情は晴れやかではなかった(;´・ω・)
興梠

選手たちの挨拶
選手たち

選手たち

選手たち

選手たち

アウェーにもかかわらず毎年多くご来場される新潟サポーター。
ビジター指定席もたくさんの新潟サポがご来場していました。
今シーズンこれだけビジター自由&指定が埋まったのは初めてですかね。
チームの順位はあまりよくないですが、それでもこれだけのサポーターがアウェーまで来るのは選手たちはとっても心強いのかなと(*´▽`*)
田中達也の幕

新潟サポーター

新潟サポーター

新潟サポーター

新潟サポーター

【メモ】
主審:西村雄一 ←PKをとった時の姿勢は西村さんらしい前傾姿勢でした~(*´▽`*)
副審:宮島一代、堀越雅弘
4th official:柿沼亨
マッチコミッショナー:大澤隆
レフリーアセッサー:永松常徳
審判とか

審判とか

さて、水曜はACLのソウル戦1st leg。
ホームですし、しっかり勝って、欲を言えばアウェーゴールは渡さずに、結果を出したいところ。
日本代表によく帯同する西シェフのスタグルに舌鼓しつつ、しっかりいい雰囲気作りましょう~(*´▽`*)


自分のモチベーターになるので、クリックをお願いいたします。
浦和レッズにほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ 人気ブログランキング人気ブログランキングへ
ブログを作るならこちらブログ

【観戦記】格別の勝利☆ 明治安田生命J1 1st第10節 vs大宮@NACK5 2016.5.8

同じ勝利でもダービーの勝利は格別!
待っているのは最高の週末だ~(*´▽`*)

明治安田生命J1リーグ 1stステージ 第11節
2016年5月8日(日)16:04キックオフ・NACK5スタジアム大宮
大宮アルディージャ 0-1(前半0-1) 浦和レッズ
得点者:44分 柏木陽介
入場者数:13,880人

13:45入場開始予定でしたが、後方の列が動き出したのは14時過ぎ。
13時に待機列封鎖されてから約1j時間、待機列にトイレがないのはどうかと思う。
そんで、なかなか進まない入場待機列。
そして入場ゲート付近には多くの埼玉県警が。
こんなんだったらさ、埼スタでやりなよ!と思うくらいの運営などなど。
でもこうして試合前に浦和をイライラさせることが大宮の狙いなのかなと思ったり(笑)

そしてついにここんとこ好調な忠成のチャントができました!!
もっともっと活躍してほしいですね~!!



スタジアムの雰囲気はこれぞダービーという感じ。
2年ぶりのダービーはいい緊張感のもとに始まりました。
それに比べてピッチ上はあまり。
甲府やマリノスが選択した戦術のように、大宮が全然出てこないため終始浦和がボールを持つ展開となりました。
ただ、序盤は浦和がなかなかうまくいかず。
守備では3バックの裏のスペースを狙う大宮に対して、バランスの悪い守備と人についてないマークも相まっていつもの浦和らしい守備ができませんでした。
その中で家長にポスト直撃のシュートを浴びる。
浦和は攻撃でも縦パスが入らなかったり、ショートパスの媚ネーションで崩すシーンがなかったり、サイドチェンジがなかなかうまくいかなかったりと、大宮の守り方に苦戦しました。
そんな中でも今年の浦和が強いなと思うのはピッチにいる選手たちが、試合の中でうまく修正を図っていくこと。
35分を過ぎることにはいつもの浦和のようないいテンポでの攻撃が徐々にできるようになってきました。
守備も徐々に改善されて、コンパクトでセカンドボールが拾える展開になりました。

そして44分。
高い位置で奪って最後は柏木の右足でのミドル!
見事にゴールが決まって浦和が先制!
柏木は2年前のNACK5の試合でも左足でビューティフルゴールを決めていますし、
なにげにダービー男かなと(*´▽`*)

後半になるとさらに浦和の攻守が改善。
大宮はほとんど攻撃の手立てなし。
途中からムルジャやペチュニクが入ってきても浦和のゴールを脅かすことはできず。
裏を返すとそれだけほぼパーフェクトな後半の守備でした。
攻守の切り替えもより速くなりセカンドボールの意識も非常に高く、DF陣も遠藤を中心に相手の攻撃陣に全然負けませんでした!

攻撃ではサイドから速いボールがあったり惜しいシーンもありましたが、追加点は生まれず。
最終盤には大宮の選手のほうが足が止まっているような感じで、
奪いに来る迫力も攻撃の迫力もそこまではありませんでした。

やはりダービーの勝利は格別!
みなさん最後までいろんな歌を歌ったり、笑顔でしたね(*´▽`*)

◎試合写真
NACK5スタジアム大宮
nack5スタジアム

大宮サポーター
大宮サポ

大宮サポ

大宮サポ

入場ゲート。
右のほうに映っていますが、埼玉県警が事態に備えて待機しています。
そういえば何年か前には私服警官がいて、しかも入場しても上のゲートが施錠されているなんてことがありましたが、今回はどうだったのでしょうか。。。
埼玉県警

入場するとようこそのボードが(笑)
数年前はここにMDPが配布されていましたが、今年はありませんでした。
これも歓迎

風で揺れるフラッグ。
さいたま市のフラッグも掲げられています。
旗

試合後、バックスタンドへの挨拶。
試合後になるとバックスタンドもメインスタンドも急に浦和サポが増えましたね(笑)
バックスタンド

バックスタンド

試合後の順大。
浦和のサブの選手たちや、コーチ・スタッフに挨拶に来ました。
そしてその後はゴール裏への挨拶も!!
浦和ユースで育ったほかの選手同様にいつまでもキャリアが続く限り頑張ってほしいです(*´▽`*)
試合は試合ですが、試合が終わればこういう光景いいですね~♪
試合後の順大

試合後の順大

試合後の順大

試合後の順大

試合後の順大

試合後の順大

試合後の順大

試合後、浦和の選手たち。
どの選手たちもいい表情ですね!
かなり苦戦はしましたが、いい試合でした(*´▽`*)
おつかれさまでした!
浦和の選手たち

浦和の選手たち

浦和の選手たち

浦和の選手たち

柏木陽介

そんな感じで格別の勝利でした(*´▽`*)
これで公式戦は11試合負けなし。
今年の浦和は本当に強い!
しっかり休んで週末土曜にはホームで新潟をしっかり倒せるようにいい雰囲気作りましょう~♪

この試合も並びなどなど本当にありがとうございましたm(__)m


自分のモチベーターになるので、クリックをお願いいたします。
浦和レッズにほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ 人気ブログランキング人気ブログランキングへ
ブログを作るならこちらブログ

【観戦記】サブ組はまだまだ…。ACL6節 vs浦項スティーラーズ@埼スタ 2016.05.03

浦和vs浦項
浦和レッズにとっては(浦項にとっても)消化試合、
しかし選手たちには絶好のアピールの場だったはず。
多くの選手がなかなか普段出場機会に恵まれない選手でしたが、もう少しアピールしないと!
対戦相手の浦項は消化試合ながら要所要所うまかった。

AFCチャンピオンズリーグ2016 グループステージ MD6
2016年5月3日(火・祝) 19:30キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 1-1(前半0-0) 浦項スティーラーズ
得点者:65分 ラザル ヴェセリノヴィッチ(浦項)、87分 ズラタン
入場者数:32,409人

スタメン
GK:西川
DF:イリッチ、那須、橋本
MF:梅崎、柏木、青木、駒井
FW:石原、高木、ズラタン
イリッチが浦和での初出場。
武藤さんが初の埼スタご来場(笑)

浦項もそこまで強いわけではなかったけど、とにかく浦和の選手たちがうまくいっていない前半だった。
浦和らしい縦パスもあまりなく、入ってもサポーターが悪く効果的な攻撃になることができず。
風の影響もあったにせよ、サイドチェンジも少なかった。
そんな中で30分を過ぎるあたりからようやく浦和っぽい感じになってはきたけど、得点には至らず。
浦項にやられるとすればカウンターかなと思うので、攻撃時のリスクマネージメントをしっかりやりたいと思った。

後半は謎の判定に振り回される。THE中東の笛。
まるで日本の審判レベルが高いように錯覚してしまいそうになるくらいのアジアの審判レベルの低さよ。
CK時に浦項の選手が浦項の選手をけったにもかかわらず、浦項にPK。
浦項は今大会の得点は2点全てPKによるもの、いずれも浦和戦。
浦和はACLグループステージ4失点中3失点がPKによるものとなってしまいました。

58分に浦和は3枚同時交代
イリッチ→森脇、那須→永田、高木→興梠
この交代で流れが浦和に。
興梠が収まるようになったり攻撃にダイナミズムが生まれるようになった。
それにしても森脇や興梠といったレギュラー組はやはり質が違うんだなと改めて実感させられるような交代でした。
明らかによくなった。

なかなか得点することができなかったけれど、
終盤に相手のハンドで浦和にPK。
これをズラタンが落ち着いて右隅に決めて同点。
試合はそのまま終了。
1-1のドローで2位通過が確定、ラウンド16は韓国のFCソウルとの対戦が決まりました。

全体的にこの試合のメンバーは至らない点が多かった。
攻撃も守備もバランスが悪かったり、効果的なパスがつながらなかったりと。
でもそれは実戦での合わせの差でもあるのかなと。
もちろんトレーニングではやっているとはおみますが、
試合の中でコンビネーションや精度を高めていくことはあるので。
その意味で、この試合に先発した普段はあまり出場機会に恵まれない選手たちのさらなる奮起を期待したいと思います(*´▽`*)
シーズンは長いので、必ず力が必要になるときはあると思うので!!

で、最後に一つ。
浦項のキャプテンが率先したフェアプレー精神&スポーツマンシップにのっとっていない感情任せのゴミ捨て行動にはレッドカードを。
ほんとうにクズすぎです。
興梠と西川が注意してわざわざ拾ったテーピングをまた投げるなんて最低。


○試合関連
試合前、ハトがピッチに
試合前、ハトがピッチに

ビジョンでは英語に加え韓国語での表示がされていました
英語と韓国語でのインフォ

メインVIP入口のところには鯉のぼりがありました~
鯉のぼり

浦項サポーター。
最終的には30~40人程度になっていました~
幕をひとつだそうとしたもののうまくはれずやめていました(笑)
浦項サポ

浦項サポ

サブ組。
久しぶりに平川がベンチ入り!!
サブ組

初出場したイリッチ
イリッチ

イリッチ

浦和の円陣
浦和の円陣

武藤敬司さんがご来場!ありがとうございます!
試合前には浦和の武藤との2ショット写真も!
ハーフタイムには槙野と忠成?が武藤さんのところへ挨拶に行っていました。
あまり面白くない試合ですいません。。。
また機会があればぜひ埼スタにご来場ください(*´▽`*)
武藤敬司さん

武藤敬司さん

観客32409人
突破の決まった消化試合でしたが、ゴールデンウィークということもあり3万人オーバーの観客でした(*´▽`*)
観客32409人

試合終了~。
試合終了

で、例のシーン。
興梠と西川が片づけさせましたが。。。
結果的にもめることになり、なんとも後味の悪い試合になりました。
このキャプテン最低です。まさにゴミ。
ピッチを汚すやつは、いつかピッチにけがされることになるでしょうね。
ゴミを拾う

ゴミを拾う

DSC06823.jpg

DSC06825.jpg

DSC06826.jpg

DSC06828.jpg

DSC06830.jpg

最終的にドロー。
ドロー

サポーターに挨拶する浦項の選手たち
サポに挨拶する浦項の選手たち

この試合のMOMはズラタンでした~
ズラタン

選手の挨拶
浦和の選手挨拶

そんなわけで次のラウンドは今現在、アジア東地区でおそらく最も勢いのあるFCソウル。
アドリアーノは現在ACL得点王ですし、遜色ない相手!
ラウンド16をしっかり勝ち抜いて次のラウンドに駒を進めるように頑張りましょう(*´▽`*)


自分のモチベーターになるので、クリックをお願いいたします。
浦和レッズにほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ 人気ブログランキング人気ブログランキングへ
ブログを作るならこちらブログ

【観戦記】フットボールがある幸せ。 明治安田生命J1リーグ第7節 vsベガルタ仙台@埼スタ 2016.04.16

平成28年熊本地震でお亡くなりになられた方のご冥福をお祈りいたします。
そして、被災された方に心よりお見舞い申し上げます。

浦和vs仙台
そんなわけで埼スタでの仙台戦。
KLMそろい踏み!!
連戦が続いてるけど、この試合はミッドウィークに試合がなくての試合。
割とウォーミングアップの時にマリノス戦よりは体軽そうだな~という印象でした。


明治安田生命J1リーグ 1stステージ 第7節
2016年4月16日(土)14:04キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 3-1(前半0-0) ベガルタ仙台
得点者:53分 李 忠成、54分 三田啓貴(仙台)、74分 興梠慎三、76分 武藤雄樹
入場者数:31,012人

やっと何とか先制したのにすぐに失点。。。
なんと浦和らしいこと。。
とはいえ、その後きちんと得点して勝てたのは成長の証。
今シーズンはブロックつくってくるチームとの試合が多い中、よくやっているなと思います。
この試合も前半から前線3人が効果的に流動的な動き。
お互いがお互いのことを考えながらスペースをうまく使っていました。
僕個人的にはJリーグの中ではガンバが一番スペースを作ったり使ったりするのはうまいと思っていましたが、
今日の浦和の前線はそのガンバに匹敵するくらいの動きでした。

そんで今日いちばん変化を感じたのが選手の選択肢。
前節のマリノス戦の改善なのかどうかはわからないけど、
各選手(特に柏木)はボールを持つとまずゴールに直結する選択をしていました。
たとえば、縦へのパスや裏へのボール。
特にこの試合、柏木は縦へのボールだけでなく自分で積極的にサポートしてシュートの意識がありました。
ボランチの柏木がこれだけシュートの意識があると、
さらに浦和は強くなると思います(*´▽`*)
引いた相手にも効果的ですしね!!

仙台が前半エンドチェンジを選んだために前半はこちらのゴールに向かっての攻撃。
ゴールを呼び込めなかったのが残念。
風がやや強くハイボールやサイドチェンジのボールに苦戦。
そしてCKも仙台がフィールド10人でボックス内でゾーンで守るため苦戦。
前半はスコアレスでした。
ただ、上記の攻撃は良かったし、守備も切り替えよく奪い返していたので、
カウンターさえリスクマネージメントできれば簡単には負けないかなと思っていました。

後半は忠成、興梠、武藤のゴールで3得点。
特に忠成に得点が生まれたのは嬉しい限り。
前節のマリノス戦ではチームのために全力でボールを追って戻ってくるシーンもあって、
その忠成がこうして得点したのは嬉しいです(*´▽`*)
得点もうまかった。
いいタイミングで斜めの動きで入ってきて速いボールをニアでヘッド。
あれはなかなか技術が高いゴールだと思います!

…だからこそ失点がもったいなかった(;´・ω・)
先制後、あっさりやられちゃいかんわな。。。

んで、この試合で100試合連続フル出場とかいうすごい記録を打ち立てた阿部ちゃんの絶妙のパスから興梠がGKをかわしてゴール。
立て続けに宇賀神に代わった梅崎が左から素晴らしいクロスを上げて武藤がヘッド!
興梠も武藤も仙台からゴールをよく奪っている印象がありますね~(*´▽`*)
後から入ってきた駒井もよかった。
積極的なドリブル突破がいいですね~!!

これで暫定3位をキープ。
ミッドウィークのアウェーのシドニーでもいい結果が得られればなと!!

◎試合写真
浦和美園駅を出たところにこんなバナーがありました。
いままであったのか。。。初めて気が付きました。。。
浦和美園駅のバナー

アウェーにも多く来場した仙台サポーター
試合後は選手たちに拍手をしていてポジティブな印象でした~
仙台サポーター

仙台サポーター

仙台サポーター

仙台サポーター

仙台サポーター

仙台サポーター

試合会場では至る所に募金箱が!
募金

募金

南広場の高所作業車
1回くらい乗ってみたい~!
高所作業車

サブ組
スタメン組がミニゲームしているときにとりかごではなくパスをしていました~!
サブ組

サブ組

メモ
主審:岡部拓人
副審:岡野宇広、和角敏之
4th official:熊谷幸剛
マッチコミッショナー:臼井郁夫
レフリーアセッサー:松村和彦
主審とか

マッチコミッショナーとか

浦和の円陣
円陣

忠成得点後!
忠成得点後

興梠得点後!!
興梠得点後

興梠得点後

武藤得点後!!!
槙野は水を口に含んで毒霧っぽいことやってました(笑)
武藤得点後

武藤得点後

興梠交代後。
ミシャが杖を使って全身で喜びを表現しています(笑)
興梠を迎えるミシャ

観客31012人
土曜のこの時間にしては寂しい数。
どうやったらもっともっとお客さんに足を運んでもらえるかな~!
観客31012人

試合終了~!
試合終了

試合終了

試合終了

試合終了

KLMの人たち
klm

klm

klm

klm

klm

klm

klm

klm

選手挨拶
DSC06119.jpg

DSC06129.jpg

DSC06136.jpg

武藤が仙台サポーターへ挨拶。
インタビューが終わり、南へ挨拶に行く前に仙台に挨拶していました。
仙台サポからは暖かい拍手。
Jリーグらしいいい光景ですね~(*´▽`*)
DSC06138.jpg

DSC06139.jpg

ゴール裏では寿司のタオルを掲げている方がいらっしゃいました~!!
DSC06133.jpg

そんなわけでしっかり手に入れた勝ち点3。
前節マリノス戦と同様にブロックがしっかりしている仙台に対して勝てたのは大きい!
これを弾みにしてぜひシドニーでいい結果をもたらしてほしいです(*´▽`*)
僕は遠く日本から応援となりますが、現地行かれる方はどうぞお気を付けて~!
そして楽しんでください~♪


自分のモチベーターになるので、クリックをお願いいたします。
浦和レッズにほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ 人気ブログランキング人気ブログランキングへ
ブログを作るならこちらブログ

【観戦記】バクガイニマケズ。ACL4節 vs広州恒大@埼スタ 2016.04.05

平日お花見やら仕事で更新できなかったので今更の更新。
浦和vs広州恒大

会心の一撃。激闘を制す。
平日にこの雰囲気を作ることができる浦和ってやっぱすごい!!

AFCチャンピオンズリーグ2016 グループステージ MD4
2016年4月5日(火)19:30キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 1-0(前半0-0) 広州恒大
得点者:52分 武藤雄樹
入場者数:30,282人


爆買いなんてなんのその。
スタジアムが一体になって力が120%出た時の浦和は本当に強い!
それがたとえアジア王者で潤沢な資金を誇る相手でも同じ。
こういう試合こそ人を惹きつけることができる試合だと思う!
浦和はアジアで輝く。

爆買い予報が出ていた通り、
東川口駅や浦和美園駅では多くの中国人を見かけました。
でもどことなく城南一和のときのような、
なにかサポーター感のない動員のような感じだった。

試合が始まる瞬間のコールリーダーの言葉が胸に響く。
たぶんアウェー広州の時と同じ方だったけど、すごくやる気スイッチを入れるのがうまい。
解雇するわけではないけどいい意味で角田さんのようだった。
「ACLの主役はあいつらじゃねえ!俺たち浦和レッズだ!!」と。

試合は序盤から攻守入れ替わる激しい攻防。
立ち上がりコーナーからの対応が悪くてヒヤッとするシーン。
この場面はショートコーナーやろうとしてるのに、
浦和の選手が1人しかケアできていなくてセオリー通りの守り方で来てなかった。
でもその後は浦和ペース。
広州で見た時のように浦和ペース。
これだけ自分たちのサッカー出来れば勝てるかも。。。という前半だった。
0-0でもこういうスコアレスなら見ていて面白い。
広州恒大のパワフルなストライカー、浦和のテンポいいパス回し。
これでもってくらいフットボールを楽しむことができた前半でした。

浦和は不用意なパスミスを気を付けていて低い位置での不用意なパスやリスクを負ったプレーはほぼ皆無。
そして今年の序盤から徹底されているボールを奪われた後のファーストディフェンスの速さ。
攻守の切り替え、試合運びは浦和が広州恒大を上回っていた。

ただ、後半立ち上がりの入り方次第では試合は一変する可能性はあったし、
その意味では後半からうまく試合に入れいたと思う。
得点シーンは武藤。
阿部ちゃん→関根→宇賀神と左右に振って最後は武藤が頭で。
宇賀神が中に入れたシュート性のボールをよくヘッドでゴールに押し込んだ!
前半終了時にツイートしたけど、広州恒大は大きなサイドチェンジがあったときにスライドするのが遅く、浦和が攻めどころにするのはそこだと思っていただけに、ぴったりきてびっくりした(笑)

そんで後から入ってくる忠成と興梠の力強さときたら。
こういう選手層があって、しかもその選手たちがしっかりと仕事をしてくれているから、
今年の浦和は本当に強いと思う(*´▽`*)

終盤、疲労とともにやや動きが悪くなりバランスが悪くなったところで青木。
この交代は少し早くてもいいと思った。
今年の青木はほんとうに効いている。

いくつか危ないシーンはあったけど、みんなの体を張った守りで無失点。
観客は3万人ちょいにもかかわらず、これだけの雰囲気を作り出して、
選手たちが躍動していたら世界中のどのチームにも負けないんじゃないかってくらいのスタジアムの雰囲気でした。
2013年の広州恒大と対戦した時もそうだったけど、
これだけのスタジアムの雰囲気、そして選手たちの活躍で勝ったのは嬉しいね(*´▽`*)
このグループは大混戦だけに勝利はでかい!
あと2試合も結果を収めてアジアを駆け巡りたいね~♪

埼スタは桜が満開!
埼スタと桜

埼スタと桜

埼スタと桜

広州恒大サポーター
爆買い予想があったけど、実際はそこまで多くなかった。
そういう意味ではクラブはアウェーゾーンを広げるようなことしなくてよかった。
広州恒大サポーター

広州恒大サポーター

広州恒大サポーター

広州恒大の紹介。
よく見たら広州を示すところは日の丸になっていた(笑)
これぞ浦和のプライド(笑)
そういえば天河体育中心のビジョンは小さいし、ここまで高画質じゃないから、
広州恒大のサポーターはうらやましかったんじゃないかなー!
広州恒大

広州恒大

審判紹介
審判団

審判団

声を力に。
声を力に。

キックオフ前
キックオフ前

広州恒大の監督はスコラーリ監督。
前回2013年の時はリッピ監督(当時)が退場したけど、
この試合は監督が退場することはなかった。。。笑
DSC05913.jpg

フェリペスコラーリ

ズラタンと梅崎の交代後。
ミシャの状態があまりよくないのか杖をついてました。
梅崎交代後

ズラタン交代後

武藤得点後ははしゃぎすぎて、うれしすぎて写真はなしです(笑)

観客30282人
おそらく広州恒大が2000人くらいかな。
それでもこれだけの素晴らしい雰囲気を作ることができるのはすごいこと!!
30282人

試合終了!!
試合終了直後のWe are REDS♪は格別でしたな(*´▽`*)
試合終了

試合結果

チンタオビール(青島啤酒)プレイヤーオブザマッチ(MOM)は武藤!
シドニー戦に続いての受賞です♪
おめでとうございます~!!
このACLの見てて思ったけど、Jリーグもスポンサー募集してこういうのやってもいいんじゃないかな~!
現状でこういうの独自にやってるクラブもあるけど、Jとしてやってもいいのかと。
MOMは武藤

MOMは武藤

試合後の広州恒大サポーター
試合後の広州サポーター

ゴール裏に寿司がwww
ゴール裏の寿司

選手挨拶
南への挨拶

北への挨拶

試合後、広州恒大の一部のサポーターの方々、
僕らがWe are diamonds♪歌い終わるまでずっとこちらを見ていました。
彼らの目には僕らのことがどう映ったんでしょうね。
試合後。広州恒大サポ

そんなわけで会心の勝利!
今週末は大事な大事な試合があります。
チケット争奪戦とマリノス戦。
全てに勝利できるように頑張りましょう~(*^_^*)

土曜日に迂闊に走り出して負傷したハムストリングの肉離れ、全治1ヶ月。
埼スタから浦和美園駅までの歩きが相当つらかった。
医者には安静にしてなさいと言われていますが、ゴール裏にいました。
跳ねることができないので、声と手拍子がんばりました(笑)
跳ねてなくても決して地蔵(←死後www)とか差別しないでください。。。


自分のモチベーターになるので、クリックをお願いいたします。
浦和レッズにほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ 人気ブログランキング人気ブログランキングへ
ブログを作るならこちらブログ

難敵に勝利!だけど... 【観戦記】明治安田生命J1リーグ1st第5節 vs甲府@埼玉スタジアム 2016.04.01

「勝てばいい」プロの世界なんだから、確かにそうだろう。
だが、勝ち方ってものがある。
そのバランスはすごく難しい。
ひとつ"スタイル"にこだわりすぎればそれは見事に転落してく。
しかしその"スタイル"によっては人を惹き付けることはできない。


明治安田生命J1リーグ 1stステージ 第5節
2016年4月1日(金)19:34キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 2-1(前半0-0) ヴァンフォーレ甲府
得点者:68分 興梠慎三、81分 森脇良太、90+2分 稲垣 祥(甲府)
入場者数:22,766人

試合後のミシャのコメント見て安心した。
この試合に全然満足していない。
「このゲームの中で非常に気に入らないこと」として最後の失点を上げました。
むかし浦和が提携していたドイツのバイエルンミュンヘンを引き合いに出して、
メンタリティの違いを強調しました。

たしかにこのところホームで勝っていなかった甲府に対して勝ったことは嬉しい!!
でも勝利だけではなく、まだまだ伸びる余地がある部分をあえて強調して、
選手たちの成長を促していくことは監督もこんなとこで満足していないというミシャの姿勢。
火曜の広州恒大戦をはじめ、まだまだ試合は続くのでしっかり結果を残すシーズンになってほしいですわ。

このコメント見て自分は少し理解が間違っていたのかもしれないと思った。
日本では2-0になってから「逃げきる」姿勢をとることが多いと思う。
おれも2-0になってからは、甲府はどうせ奪いには来ないし、
大きなリスクを取らなくていいし無理に最前線にボールを推し進める必要はないと思っていた。
でもこのコメントを見てその姿勢こそ間違っていて、
2-0になってからもリスク管理はしつつもっと積極的にゴール奪いに行く姿勢こそが、
日本サッカーとドイツサッカーで異なっているのではないかと思った。
日本では2-0になれば、リスクを避け逃げ切り体勢に入る。
でもその姿勢こそが「2-0は危険なスコア」を生み出しているのではないかと。

試合は終始浦和がボールを持つハーフコートゲーム。
甲府はJ1の中でもっともリトリートして低い位置でブロック作ることはわかっていた。
これは各クラブの戦術だし、そこまで否定することではないだろう。
(浦和ではあんまり好かれないとは思うけど。笑)
でも、それ以上に試合に対してアグレッシブさのかけらもなかったことにおれは怒っている。
前半こそクリスティアーノを中心にある程度はカウンター狙う姿勢があったが、
ひとり退場してからはそのかけらもなし。
むしろ時間稼ぎをしたり、0トップにしたりと、アンチフットボールっぷり。
特に唯一の攻撃の核であるクリスティアーノを下げて6-2-1-0、
しかもゴールから20mくらいまでのところでそれをやって中を固めてスペース作ってた。
(と言いながら最後に失点したからクリスティアーノは唯一の攻撃の核ではなかった。笑)
こんなんじゃサッカー見てる人がまた来たいと思うようなサッカーにはならないのかなと。

ただ、いつもの浦和だとうまくはいりこめず、
結局ドロー、もしくはカウンターで失点して負けってのを数多く経験してきただけに、
きっちりと勝ち点3とれたことはよかったです。

相手が退場するまでは3人目がうまく絡んでいて、
引いた相手にボールを動かしてうまく戦えていました。
でも相手が退場してからは中を固めよりブロックを作る傾向になる甲府に対して、
うまく攻撃ができていませんでした。
柏木の惜しいFKをはじめセットプレーのチャンスはあまたあれど、ゴールにつながらず。
焦っちゃいけないし、磐田戦のようにアグレッシブさは欠いていなかったけど、
なかなか前半は評価が厳しい展開でした。

後半、立ち上がりとともに浦和のパス回しは加速。
右へ左へ。縦へ後ろへ。そして長短のリズムのいいパス。
この後半立ち上がりからのラッシュでもゴールを奪えず焦れた展開になりました。
特に浦和が武藤を下げてズラタン投入して中で勝負をかけようとする刹那、
甲府がクリスティアーノ下げてDF投入して6-3-0にしてからは中でブロック作る相手に苦戦しました。

この時間帯、サイドに振ってシンプルにクロスを入れれば…と思いつつも、
まだ時間も70分すぎとリスクの追い方も難しい時間のため、
クロスをあげる・あげないの判断はよくできていたと思います。
あれでバカバカあげて、奪われてカウンターなんて食らったら最悪ですから。
もっとも甲府はこの時間帯、カウンター狙ってたのかって疑問はありますが(笑)

得点シーンは興梠。
コンビがいい忠成からのタイミングいいボールに、
トラップのやり方、体を使った相手DFのブロックで勝負あり。
一瞬の判断が素晴らしかった。
引いた相手に対してはこういうちょっとしたひらめきや思い切りしかない。
興梠なにげにゴラッソでした。

そんで森脇。
まあたまたまだと思うけど、
あのレンジからのシュート意識があったということが◎!
ゴールの瞬間、一瞬時が止まったかのように「入ったの?」って感じだった(笑)
そもそも森脇ゴールの瞬間になんで忠成は頭抱えてたのよ(笑)

この2-0になってからがまた興味深い。
カウンターじゃなく攻撃でボールを持つとあたふたする甲府。
そして、ぜーんぜん相手を掴めてない浦和。
失点したこと自体はあかんですわ。
その直前の西川のセーブは素晴らしかった。
そのこぼれを失点してしたので、文化シヤッターは見れなかったけど。

○試合写真
埼スタは桜がきれいでした~!!
埼スタの桜

埼スタの桜

浦和vs甲府
浦和v甲府

甲府サポーター
平日夜にもかかわらず多くのサポーターが来場。
帰りの中央線でも見かけましたが、おつかれさまでした。
甲府サポーター

甲府サポーター

浦和の円陣
浦和の円陣

【メモ:審判】
主審:山本雄大
副審:作本貴典、清水崇之
4th official:蒲澤淳一
マッチコミッショナー:大野辰巳
審判アセッサー:上川徹
審判1
審判2

甲府の山本が退場。
ビジョンにイエロー2枚で退場したことの表示がされました。
初めて見た気がする~
レッドカード

サブ組@ハーフタイム
久しぶりに那須の姿を見た気がします!
サブ組

武藤→ズラタン
ズラタン→武藤

ズラタン→武藤

興梠得点後
興梠のガッツポーズ!
興梠得点後!

宇賀神→関根、梅崎→高木
宇賀神→関根、梅崎→高木

宇賀神→関根、梅崎→高木

宇賀神→関根、梅崎→高木

宇賀神→関根、梅崎→高木

観客22766人
平日、相手が甲府とはいえ寂しい観客数。
より観客を惹きつけるためのサッカーや応援をしたいですね(*´▽`*)
観客22766人

森脇のゴール後
森脇ゴール後

試合終了!勝利☆
試合終了

試合結果

試合後の甲府サポーター
試合後の甲府サポ

森脇のインタビューとインタビューが長すぎてさっさとひとり挨拶に向かう興梠(笑)
DSC05862_201604021536130e7.jpg

DSC05867.jpg
DSC05871.jpg
DSC05873.jpg
DSC05874.jpg

その後、合流して仲良くカメラに笑顔でポーズ
興梠と森脇

ゴール裏への選手挨拶
選手挨拶

We are diamonds♪
We are diamonds

ひいた相手は苦手としているので甲府にきっちり勝ててよかった。
これも浦和レッズがまた一つ強くなった証。
火曜日はしっかりと広州恒大を蹴落として次のラウンドに進めるように頑張りましょう!!

自分のモチベーターになるので、クリックをお願いいたします。
浦和レッズにほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ 人気ブログランキング人気ブログランキングへ
ブログを作るならこちらブログ

【観戦記】走って繋いで快勝!明治安田生命J1リーグ1st第4節 vs湘南@Shonan BMW 2016.03.20

2-0の快勝。
中国での中3日とは思えないほどよく走って戦ってなんだか楽しみな浦和レッズ。
まったく競り負けない槙野。
落ち着きが冴えわたっている遠藤航。
最後まで走り切った関根。
うまくボールを引き出して調子のいい忠成。
これだけ役者がそろったらそりゃ勝ちますわなってくらいの快勝でした!!

明治安田生命J1リーグ 1stステージ 第4節
2016年3月20日(日・祝)16:04キックオフ・Shonan BMW スタジアム平塚
湘南ベルマーレ 0-2(前半0-1) 浦和レッズ
得点者:41分 李 忠成、55分 興梠慎三
入場者数:14,419人

まず、なんで雨なんだってやつ。
天気予報では降水確率0%だったじゃないか~!!!
ひっさしぶりのバックスタンド観戦。
平塚はゴール裏ぎゅうぎゅうなので、毎年平塚はゆるゆる観戦してます(笑)

○試合
湘南は立ち上がりから前線からハイプレス。
なんだけど昨年とちょっと変わったかなと思ったのは、組織として連動していない。
最前線の選手たちから一生懸命ボールを追ってくるのは変わらないけど、
そのあとがうまく続かないし、コースをどんどん追い込まれていく感覚もない。
浦和のボール回しが進化しているのか、湘南のプレスが退化しているのかわからないけど、
この試合は終始浦和のボール回しがワンテンポ浦和回っていた。
従って終始浦和ペースで浦和らしさを存分に発揮したパス回し。
さらに忠成を中心に前線の選手が良くボール受けてたし、誰かが引いたスペースもうまく活用することで、
攻撃のコンビネーションも進化。
この試合、湘南サポから見たらなんにもできずただただ浦和の強かった印象が残ったんじゃないか、ってくらいの快勝でした。

先制点は忠成のミドル。
相手に当たってリフレクションしてのゴール。
だけれども前が空いたら打つ意識があったからのゴールだし(いままでの浦和はどちらかというと希薄だった部分)、
そもそも深い位置でもしっかりボールをも回すことができたから湘南のDFラインを下げることができたわけで。
その意味では忠成のゴールは偶然ではなく必然。

そういえばこの試合、試合直前に水をまきすぎたせいか、
急な雨コンディションだから知らんけど、浦和も湘南の選手でさえも数回スリップしていました。
ホームの選手が転ぶくらいだから、浦和の選手が転ぶことくらい仕方ないか。

後半も前半のように浦和ペース。
最後まで落ちずに走り続け、高い位置をキープする関根。
ぜーんぜん競り負けない槙野。
この試合の競り合いの勝率はかなり高かったはず。

興梠の追加点はゴラッソ!
ペナルティエリアであれだけ人がかかわって連動してのゴールシーンは実に浦和らしいしゴラッソ!
これは興梠も柏木も素晴らしかったですね(*´▽`*)
これで気が付けばしっかりと首位の川崎を追撃。
この時期、順位はあまり気にしないですが、
首位と離されないこと、内容をしっかり保つことが大切だと思っています。
その点、首位をがっちり追撃していますし、内容も素晴らしい。
(ここ数年この時期言ってる気がしなくもないですが…)今年の浦和レッズには期待大ですね!!

で、湘南の岡本。
ポジショニングも悪くないし、競り合いには負けずよく戦っていました。
森脇と同じかそれ以上のパフォーマンスが浦和でもできるんじゃないかなと思います。
来年は浦和のユニ着てレギュラーで出場する岡本が見たいな(*´▽`*)

浦和の遠藤には湘南サポから(愛のある?)ブーイング。
湘南の岡本には浦和からは拍手がありました~!
ここ数年の浦和はいい意味で変わった気がします!
こうして拍手で迎えるのはなかなかいいことじゃないかな~と思います(*´▽`*)

○写真展
「蹴球狩人」岡本
岡本

「魔法脚」山田直輝
直輝

東京に清水に...最近これよく見る気がします。
浦和でもレディアのこういうの南広場に出現しないかな~
ぺるまーれの

選手バス到着!
選手バス到着!

湘南サポーターの選手バス出迎え。
毎回うたっていい雰囲気なんですよね~
湘南サポ

チーズステーキライス 700円
たまになのでスタグルを。
肉のボリュームがあってとってもおいしかったです(*´▽`*)
スタグル
スタグル2
スタグル3

湘南vs浦和
湘南v浦和

湘南サポーターの幕
スポンサーさんの三栄建築設計さんに対して「クラブの未来設計を三栄建築設計様と共に」と幕を掲げました。
三栄建築設計さんは昨年までマリノスのユニフォームスポンサーでしたよね~
三栄建築設計への幕

浦和サポーター
ビジターエリアぎっしり!まっかっかでした(*´▽`*)
浦和サポーター

湘南サポーター
湘南サポーター

ウォーミングアップ開始
ウォーミングアップ開始
ウォーミングアップ

【メモ】
審判団
主審:飯田淳平
副審:村上孝治、堀越雅弘
4th official:竹田明弘
マッチコミッショナー:山本好彦
審判アセッサー:上川徹
このビジョン表示はそれぞれの役割が非常にわかりやすくていいですね~!
審判団

選手紹介
さいたまのデータとかあってなかなか興味深かったです。
選手紹介

選手紹介

選手紹介

岡本の選手紹介
岡本

岡本

曺監督の紹介
DSC05527.jpg

DSC05528.jpg

DSC05529.jpg

湘南のコレオグラフィ
湘南のコレオ

湘南のコレオ

浦和の円陣
浦和の円陣

キックオフ!
キックオフ!

太鼓は中央上段にありました!太鼓の位置

忠成得点後!
ナイスミドルシュート!!
忠成得点後1

忠成得点後2

忠成得点後3


前半終了直後の関根。
直前のファールがやや納得いかなかったのか飯田主審とコミュニケーションをとっていました。
お互い笑顔でしたし、雰囲気的にも円満解決って感じでした。
前半終了。せきね 

前半終了。せきね 

後半開始前。
浦和の円陣with直輝幕
浦和の円陣with直輝幕

ミシャがあつくなって飯田主審から注意を受けてしまいました。。。
飯田主審に注意を受けるミシャ1

飯田主審に注意を受けるミシャ2

飯田主審に注意を受けるミシャ3

興梠得点後!!
ナイスゴール!!!
興梠得点後1

興梠得点後2

興梠得点後3

槙野にイエローの表記。
ビジョンがきれい(笑)
槙野にイエロー

10番の後姿。
柏木の10番もだいぶ見慣れるようになってきました!
柏木1

柏木2

観客14419人
観客14419人

青木の交代シーン。
なにやらかなり長い時間ミシャが直接指示を出していました。
青木に指示

試合終了!
2-0の快勝でした(*´▽`*)
試合終了

最終スコア

湘南の曺監督はミシャ監督と土田GKコーチとあいさつ
ミシャ キジェ

土田コーチ キジェ


選手の挨拶!
選手挨拶

今日のヒーロー

ゴール裏への挨拶

We are Diamonds~♪
We are Diamonds

We are Diamonds

ピッチ上でのクールダウン。
西川と槙野がいい表情していました!
代表も頑張ってください(*´▽`*)
クールダウン

湘南サポのもとへ駆け寄る遠藤航。
そして、「Thank you 航」のボード。
いい光景ですね~(*´▽`*)
DSC05637.jpg

さてここで代表戦を挟むために、ナビスコのない浦和はショートブレイク。
開幕してからACLとの連戦だっただけに、しっかり休息してほしいですね(*´▽`*)
A代表、U-23代表ともに怪我のないよう、頑張ってください(`・ω・´)

自分のモチベーターになるので、クリックをお願いいたします。
浦和レッズにほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ 人気ブログランキング人気ブログランキングへ
ブログを作るならこちらブログ

【観戦記】天河の中心で「We are REDS!!」を叫ぶ ACL3節 vs広州恒大(中国) @天河体育中心 2016.03.16

アウェーでの価値ある勝ち点。
この結果を生かすも殺すも次節の自分たちの結果次第。
選手だけでなく、「浦和レッズ」一丸となって勝ち取った勝ち点だと思っています(*´▽`*)

【御礼】
この試合を現地で観戦できたのはほんとうにたくさんの方々のご協力のおかげです。
会社、浦和レッズのクラブスタッフ、HIS(及び、その他の旅行会社)、三菱商事、在広州日本総領事館...ととりあげればきりがないほどです。
本当にありがとうございますm(__)m
当日集合場所のホテルで配付された案内には以下の記載がありました。
転載させていただきます。

以下、「広州恒大 vs 浦和レッズ ご観戦の浦和レッズファン・サポーターの皆さまへ」より引用
「観戦にあたっては、各ツアーガイド、浦和レッズスタッフのほかをはじめ、浦和レッズのパートナー企業である三菱商事株式会社のボランティアスタッフ、外務省職員の方々によるサポートもいただいております。」
引用、終わり


○試合結果
3月16日(水) AFCチャンピオンズリーグ2016 グループステージ MD3
19:30キックオフ(日本時間20:30キックオフ)・広州天河体育中心
広州恒大 2-2(前半2-1) 浦和レッズ
得点者:6分 リカルド グラル(広州恒大)、14分 リカルド グラル(広州恒大)、30分 武藤雄樹、89分 興梠慎三
入場者数:48,816人

○雑感
1年ぶりの海外アウェー。
やっぱり海外アウェーを経験してしまうと、浦和にとって日本国内にアウェーなんてない!
それくらいのアウェー感でした。
ホテルに集合しての団体入場や飲食物持ち込み禁止に厳重なセキュリティチェックなど初めての経験ばかりでしたが、結果的には勝ち点1とれたし楽しい経験になりました。
序盤こそアウェーの雰囲気に飲み込まれ立て続けに2失点したものの、その後は自分たちのペースをつかみなおして徐々に浦和らしさが出てきた中でのドロー。
選手たちは0-2になっても全然諦めてないのがひしひしと伝わってきた。
今回の勝ち点1はもちろん選手の頑張りが9割くらいだと思うけど、
残りの1割はクラブスタッフや三菱商事や外務省などまわりの支えがあってこそ、浦和レッズとしての勝ち点1だと強く感じました。
コールリーダーさんの試合前の「浦和の誇りと情熱を持って戦おう」の言葉にはしびれた!!

○前半
完全なるアウェーの雰囲気にのまれ易々と早々に2失点。
1失点目のズラタンがとられたファールは少し不運なものだった。
西川はセービングやキックは非常に質が高いんだけど、浦和に来てから改善されないのがPK対応。
どうしても先に動いちゃうんだよね。
土田GKコーチはかなりそのへん修正させるのがうまい印象だったんだけど、
西川がもっともっとうまくなる余地があるのはすごいし、いつか浦和で西川のPKストップが見たいな~♪
広州は守りを固めてボールを奪ったから必ず縦パス(縦ポン)で攻撃がスタート。
浦和はほぼ必ずバックパスから攻撃からスタートしていたのでかなりの差があった。
そもそも広州は前線の外国人が強すぎてボールがおさまるおさまる。
そんな中でも時間がたつにつれ浦和のDF陣はよく修正していったなと思います。
2失点目はリカルドグラルのトラップが見事だったけど、そ個までの展開が少し残念だった。
まあこの2失点目までは完全に雰囲気に飲み込まれていた。
この2失点の後、広州はペースを落としたように感じた。
反対に浦和は落ち着いてボールを持つ時間帯も増えてきて徐々に浦和らしさが戻ってきた。
試合自体は非常にハイレベル。
たとえ自分たちがボールを保持していたとしても、ひとつのミスでボールを奪われると一気に押し込まれてしまう。
特に浦和はサイドのスライドが遅い部分をうまく広州に使われてしまった。
槙野が蹴ったFKは広州のGKにセーブされてしまったけど非常にいいFKだった!
槙野のFKといえば、得点した名古屋戦のあともよく蹴ってるけど正直「あんまりうまくないな。。。」って印象だっただけにびっくりした(笑) すいません(;´・ω・)
浦和の攻撃は時間がたつと改善されて最前線での斜めの飛び出す動きが効果的になってきた。
そんな中での武藤。
広州のGKはウォーミングアップから余り対応が良くなさそうな横からのハイボールの対応でこぼれたところを武藤!
0-2からのゴールだったけど、武藤は得点後すぐに僕らのほうを向いてガッツポーズしてすぐに戻っていきました!
この武藤を見て「僕らの声は確実に選手に届いてる」と実感できたぜ!!

○後半
前半1-2で折り返したことで立ち上がり5分が非常に重要なると思っていた。
・・・のだけど、広州はそこまでペースを上げず。
長い時間帯浦和らしく浦和がボールを保持していました。
ただ広州の守備ブロックを崩すことはできず、
反対に一つのミスから広州の力強い攻撃を受ける展開。
それでもピッチ上の選手は対峙する広州の選手たちとたくましく戦っていた。

青木→忠成、武藤→興梠によって一気に攻撃が加速していった。
やはり忠成は味方のスペースを作ることにたけているし、興梠はボールを持てる。
これでまた浦和の攻撃が一段と良くなる。
78分には宇賀神→駒井で再度の活性化。
駒井は縦にチャレンジする姿勢が本当に見ていて気持ちいい!
駒井のいい仕掛けでFKゲットするシーンもあったし、なかなかいい選手ですな。
で、最後の最後で左から槙野→ズラタン(見事な落とし!)→興梠が押し込む!これで同点!!
試合はそのまま終了。
熱い熱い試合は2-2のドローでした。

小雨、しかも大気汚染の影響からか反対サイドがややかすむくらいの環境の中、
なんとか勝ち取った勝ち点1。
この勝ち点を無駄にしないためにも次のホームでしっかり広州恒大を倒したいですね(*´▽`*)

○試合関連写真
集合したホテルにて。クラブスタッフからの説明中
(ちゃんと話聞けやというつっこみはなしで!笑)
出発前の説明

この試合のチケット
なんか値下がったらしくて150元。
チケット

移動中、広州恒大のステッカーを張った車を激撮しました(笑)
広州恒大のステッカーはった車

バスの車内、説明中の三菱商事の現地のボランティアスタッフ
僕ののった車両には2名の現地スタッフ+浦和のクラブスタッフが乗車。
この方は北京が好きって言ってたかな?忘れた(人の話きいてない!笑)
でも、サッカーが好きだったのは確か。
バス車内


天河体育中心
スタジアム
入場門

入場ゲート
厳重なセキュリティチェックのため、並んでから入場まで時間がかかりました。
入場ゲート1
入場ゲート2

天河体育中心のスタンド
文字が書かれているスタンドはありますが、絵になっているのは珍しいですね!!
天河体育中心1
天河体育中心2

横にいる公安さん
入場してちょっとで撮影したのであれですが、試合時間帯には多くの観客がいました。
公安

広州のGKウォーミングアップ開始。
自分たちのスタンドの近くで始めたので、一瞬浦和の選手と勘違いして拍手が生まれました(笑)
すぐに相手だとわかってみなさん一斉にブーイングしました~!
広州のウォーミングアップ開始

浦和の選手たちのウォーミングアップ
浦和の選手たち
浦和の選手たち2
浦和の選手たち3
ウォーミングアップ中




広州恒大の選手紹介
パウリーニョ
マルティネス
スコラーリ

浦和レッズの選手紹介
浦和の選手紹介 スタメン中国語
浦和の選手紹介 サブ中国語
浦和の選手紹介 スタメン英語
浦和の選手紹介 サブ英語

審判団
主審のモハメドアブドゥラハッサン紹介時には広州サポーターから会場全体から大きなブーイングがありました。
審判団

試合開始前。
広州恒大のコレオグラフィ
広州のコレオ
広州のコレオ(パノラマ)

試合開始前
試合開始前
浦和の円陣

PK前
西川がボールの近くに近寄って駆け引きするものの及ばず。。。
PK直前
PK直前2
PK直前3
PK直前4

槙野のFK
柏木といろいろと会話していました。
惜しかった!!
a href="http://blog-imgs-84.fc2.com/a/k/a/akaidanganfootball/DSC05002.jpg" target="_blank">槙野のFK
槙野のFK2

前半終了時。
やはりPK判定に納得いってないようで、ズラタンとミシャが審判と会話していました。
前半終了時
前半終了時2
前半終了時3
前半終了時4

浦和の選手交代。
宇賀神は交代後ミシャの近くに少々いたけど、ミシャに気付いてもらえず握手などはなしでした。
それだけミシャは試合にかなり集中して入り込んでいたようです!
いつもは交代後に選手と握手しているだけに非常に珍しいなと。
忠成待機中
青木→忠成
宇賀神→駒井
宇賀神交代後
宇賀神交代後2

興梠同点ゴール後!!
ベンチに向かっての興梠のポーズ!!
興梠ゴール後

試合終了。
価値あるドローでした!
試合終了!
ファイナルスコア

試合後の選手たち
最終盤に追いついたドローだけあって沈んだ表情ではなかったです。
森脇と興梠が笑顔をしていました!!
試合後の選手たち
興梠がいい表情!
試合後の選手たち3

選手挨拶
選手挨拶
選手挨拶2

クールダウン
試合後、浦和の選手たちはピッチ上でクールダウンを行っていました。
クールダウン

おまけ
試合後、スタンドを見渡すとカラフルなカッパのゴミの山
様々なカラーのためちょっときれいです(笑)
中国ではポンチョのような何度も繰り返して使う文化がないのかな~
まあ広州のサポーターが全員退場してから僕ら浦和サポーターは退場することになっているので、早く帰ってもらってありがたいのですが。
日本では考えられないくらいすぐにサポーターは全員退場していました。
これも文化の違いなんですかね。
ゴミだらけ
ゴミだらけ2
ゴミだらけ3

○その他のメモ
スタジアムの中ではトイレが汚い。
トイレットペーパーは設置されていません。
が、浦和のスタッフなどがトイレットペーパーを大量に持ち込んでくれていて、手荒場所に置いてありました。

飲食物は持ち込めませんでした。
中では水、コーラ、お茶を売っていました。
水は無料。飲みましたが僕はおなか壊しませんでした(笑)
コーラとお茶は各々5元で売られていました。

スタンドは屋根がないですが、
コンコースでは雨をしのぐことができます。

結局試合後スタジアムをでたのは試合後約1時間後。
僕が乗車していたバスは10台の中でも一番最後でした。
それ以外のバスはもっと早く出発したものもあります。
その後、集合場所のホテルまで戻って、そこからタクシーで宿泊するホテルまでい移動。
結局試合後2時間くらいしてから宿泊するホテルに到着しました。

広州恒大とはどこかしら毎年日本のクラブは対戦することになると思うので、参考までに情報を掲載しておきます。


そんな感じで今回はせっかくの現地組なので写真と文章多めです。
かなりの長文ですが、最後までご覧いただきありがとうございました。
まずは明日(もう日付変わっちゃいますが。。。)平塚でしっかり勝ち点3とりましょう(*´▽`*)


自分のモチベーターになるので、クリックをお願いいたします。
浦和レッズにほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ 人気ブログランキング人気ブログランキングへ
ブログを作るならこちらブログ

about this blog!!

浦和の参戦記を中心としたサッカーブログです☆ リンクフリーです。画像・文章等の内容の無断での転載を禁止します。

QRコード

携帯からはこちらからどうぞ!
QR

カウンター

電力使用状況&電気予報

カウンター


値段診断

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

サッカーブログ集

他のサッカーブログはこちらから、どうぞ。 浦和レッズにほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
人気ブログランキング人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン

関連書籍など

My favorite blog

相互リンク募集中です。
コメント欄かメールでご連絡ください。

こちらのバナーをお使いください。
REDBULLETЖ


参加ランキング&サイト

クリックすると管理人のモチベーションアップにつながります。笑
サッカーブログを探しに行ってくださいな!
浦和レッズ
にほんブログ村 サッカーブログ 浦和レッズへ
サッカー
にほんブログ村 サッカーブログへ
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
J,.B antenna
J.B.浦和へ
RED HOT BLOGS
RED HOT BLOGSへ
さっかりん
さっかりんへ
くつろぐ
人気ブログランキング
ブログランキング

BS ブログランキング
blog Ranking

http://www.doramix.com/rank/

天気予報

ランキング

FC2ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。